×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

豆乳おからクッキーの使い方

豆乳おからクッキーというダイエット用のクッキーがあります。これを食事の代わりにするには1 食7 枚が適当です。この量を金額で表すと600 円くらいになります。これは結構高価であるといえるでしょう。朝食をこのクッキーで600 円と考えるとやっぱり少し割高な感じがします。
今とても人気のあるダイエット用豆乳おからクッキーですが、このように考えるとこれから先もずっと今の人気を維持し続けるのだろうかと疑問を感じる人も多いのではないでしょうか。しかし、栄養面から言うと、このダイエット用豆乳おからクッキーには、摂っていて損はない、というものがぎっしり詰まっていることは確かです。
それだけでなく味もおいしく食べやすいという評判がよく耳に入ってきます。

豆乳おからクッキーを作る

ダイエットに活躍する豆乳おからクッキーには、健康維持に役立つ成分も多く入っています。ダイエット効果によく効く栄養素もふんだんに含まれています。なので、どんどん摂り入れたいのだけれど、どうも値段に納得がいかない、という消費者の声が少なくありません。
そんなわけで、豆乳おからクッキーでダイエットをする時に既製品を買うのではなく自分で作ってみようという人は少なくありません。手作りの豆乳おからクッキーは、いつものクッキー作りとだいたい同じような方法で作ることができます。おからは薄力粉の代わりに使うので、薄力粉の半分をおからにします。
そして豆乳を加えるくらいの差異しかありません。均一に水分がゆきわたるようにする必要があるため、記事は冷蔵庫で寝かせてから成形しましょう。生地に様々なものを混ぜ込むことで、アレンジの効いた豆乳おからクッキーを作ることができます。

おからダイエットクッキー作りのコツ

おからクッキーダイエットのためにクッキーを作る際には、大まかには普通のクッキーの作り方と同じですが、ちょっとしたコツを知ると味が格段に安定します。水分の豊富なおからですが、クッキーにする時は水気を飛ばさなくてはなりません。
おからを電子レンジにかけるか、フライパンでよく炒ると水分を飛ばすことができます。おからに砂糖やバター、卵を加える際には、焦らず急がず小分けにして加えます。各材料が同じように混ざるように心がけながら、手早く丁寧に混ぜていきます。小麦粉を混ぜ込む時は練り込まないよう、製菓用のカードやヘラで切るように混ぜると小麦粉がグルテン化しにくくなります。この時も少しずつ入れましょう。
少量のクッキーを作りたいならば、これらの材料を全てバーミックスやフードプロセッサーで混ぜることもできます。手軽に作れる方法として、ビニール袋に材料を全て入れてよく混ぜて生地を作ることもできます。